<< うどん屋の2階〜始まり始まり。 | main | 大将が来た、たまも来た >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

子ども麺打ち道場

 


 オープニングライブで、へろへろになっているというのに、
 翌日は川西市中央港民会主催の「子ども麺打ち道場」の講師に出かけた。

 もう、ずっと前に依頼が来て、こんな事になるとは思わなかったので、ほいほいと引き受けたのだが・・・・

 しんどかったけど本当に楽しかった。



10時から開始。
基本大人と小学生のペアでの参加、8組17人の受講者だった。

こちらは副所長に看板娘と総勢3人で、うどん打ちを教えている間に天ぷらを揚げて、
自分たちでつくったうどんをぶっかけうどん天ぷら付きで食べて貰う。



何を隠そう20年ほど前、私はここの職場に移動となり、水を得た魚のように「男の料理(もちろん女も可)〜手作りハム教室」など色々の講座を企画し、講師の発掘にもつとめた。

生活保護のケースワーカー4年、収税課2年、それぞれやりがいのある仕事だったけど、公民館の仕事は別の大変さはあったけどほんまに楽しかった。

そこに講師で呼ばれるなんて思ってもいなかったけど、この調理室は本当に懐かしかった。

何でもそうだけど、うどんづくりも一朝一夕に身につくものではない。
現に私も、10年ほど前、あの有名?な「中野うどん学校」で教えて貰って、1年後にそのとき貰った粉をいい加減にはかって家でうどんをつくったところ、
「なんじゃこれは」扱いを受けて、大層へこんだあげく、「もう、うどんは食べるだけで二度とつくるまい」と決心した過去がある。

粉水や塩の配分、鍛え方のばし方、そして熟成の仕方。
細かいことは色々あるのだけど、素手で粉を手にする嬉しさ、生地を踏む気持ちよさ、
そして、できあがったうどんがおいしかったときの嬉しさ。

そんなことを感じ取ってもらえたらなと、4時間たっぷり務めさせて頂いた。

嬉しいことにこども達はもちろん、保護者のみなさんも根気強く忍耐力のある方ばかりで、
疲れながらも何とか付いてきてくれて、ようやくぶっかけうどん天ぷら付きうどん完成。



それはそれはおいしかったに違いない。夜はぐっすり眠れたに違いない。

こんな素敵な機会を与えてくれた中央公民館のみなさんと担当のN口さんに感謝。

参加されたみなさんに感謝。

本当にありがとうございました。

at 22:18, ぐずら, うどん

comments(4), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 22:18, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
みおっち, 2011/03/31 7:30 PM

何とも楽しそう!
ぐずらさん、ええ顔してはりますねぇ。

ぐずら, 2011/03/31 9:29 PM

シヤワセでした・・・

N口, 2011/04/03 10:17 PM

お疲れ様でした。
アンケートでは、子どもも大人も大満足でした。
何より、講師も受講者も担当者も気持ちよくシアワセなのが良かったなと思います。
私は、異動になりましたが、このご縁を大切にしたいと思います。
ありがとうございました!

ぐずら, 2011/04/04 7:54 AM

そういえば私も1年で異動でした。
N口さんにとって充実した1年だったでしょうか。

素晴らしい時間をありがとうございました。










trackback
url:http://udonyanonikai.jugem.jp/trackback/313