<< 2017年04月15日のつぶやき | main | 2017年04月17日のつぶやき >>

滋賀・日野町 大地堂(近江屋米店)

名神高速を車で一路、滋賀県蒲生郡日野町で小麦の栽培と製粉をされている廣瀬敬一郎さんの製粉所を訪ねた。

 

日野町で中田志穂さんの(現在お休み中)大地堂というパン屋さん、

そこで使われている小麦粉は、ドイツのディンケル小麦という品種で、お姉さんの夫・廣瀬敬一郎さんに頼み込んで栽培をして貰ったのが始まりとのこと。

 

志穂さんがドイツ滞在中に惚れ込んだディンケル小麦は古い種で日本では栽培されておらず、こうした外来種を日本に持ち込んで栽培するのはたやすい事ではなかったが、たまたま姉が専業農家を営んでいた敬一郎さんと結婚されたこと、敬一郎さんがそういう取り組みに柔軟な方だったこと、そんなことが重なって始まったディンケル小麦の栽培。

パン屋さんはお休みだが、現在は廣瀬さんが17haの畑で、ディンケル小麦、農林61号(小麦)、ライ麦等の生産と製粉を行っている。

 

そして、ドイツでオーダーした特注の石臼(玄武岩使用)2台で、全粒粉の生産をされている。

ディンケル小麦のパン・・・食べてみたかったが、

パンの方は妹さんがまた生産を再開されるまでの楽しみに、

今回は、自家栽培の農林61号の全粒粉を購入させていただいた。

農林61号というと昨年、「旭製粉」からロール製粉のものだったが

滋賀県産を分けていただいて何度も使わせていただいた。

あの美味しかった農林61号が、石臼挽きの全粒粉だとどうなるかが楽しみ。

以前から何度も廣瀬さんにはお電話で小麦の栽培のこと、製粉のこと

相談させていただきたくさんアドバイスしていただいている。

今日は、製粉機や製粉機の設置場所の空調について、製粉室を実際見せていただくことに。

今はしまっている大地堂で待ち合わせをして、近くの美味しいインド料理店で美味しいカレーを食べながらひとしきり小麦や小麦の栽培から農政のことまで話しは広がる、面白い。

 

そして、製麺場へ案内していただいた。

建物の中は六畳から十畳位のふた部屋が製粉室と保管庫なっている。

廣瀬さんは「これだけですか」とよく言われます・・・と言っておられてが、うちの製麺室や、これから何とかする製粉室からすると夢のように広い。

今後は麦の生産一本に絞り、麦の生産の可能性を更に追求してゆくとのこと。

小麦を植えると言っても、勝手に生やしているのを刈り取って小麦粉にしても、ホントにそれがうまいのか、その小麦の本当のうまさが活かせる栽培ができているのか、自家栽培している意味がある「栽培」をしなければ意味が無い。

そんなことを聞いて、まだ栽培というような状態ではない私の畑を思うのだった・・・

 

今朝の能勢・長谷の畑。

とにかく雑草をかじいてやらないと。

そして、追肥とか、赤カビ病の防除とか、

ホンマやったら色々やらんならんことがたくさんある。

当然毎年同じ畑で小麦を育てるのだったら、

ここの土が連作障害を起こさないように

緑肥とか(ほらレンゲを植えるとか、裏作に大豆を植えるとか)

いや、それは収穫の後でいいけど

防除をどうするのか早く決めないと。

 

そんなことも考えながら製粉の様子を見せていただく。

 

花崗岩でなく玄武岩を使ったドイツ製の特注の石臼。

気泡がたくさんあるので廻るほど空冷効果があり、

小麦の温度が上がりにくいと言う。

固い玄武岩で国産の石臼のように溝が刻んであり、

麺ですり潰すより温度も上がりにくいらしい。

石の面積も大きいので、回転もゆっくりですむ。

今回導入する予定のオーストリアの石臼とは色々違う点も有り

大変面白い。

新しく入れた2台目も慣らしが終わり

2台の石臼で生産量も大幅に増えるしメンテも容易になる。

私が注文した5キロの製粉も、あっという間に終了してしまった。

そうそう、土壁の内側に発砲スチロール等の断熱材をコンパネで挟んで内壁にし、3月から11月の間家庭用エアコンを付けっぱなしにしている。今使っているのは3台目でコロナの冷房専用の機種で8畳用とのこと。

最低温度は17度。4万円くらいだったので使い捨てのつもりで使っているという。真夏でも17度は維持できるし、後は入り口に全室があれば出入りの時に温度が上がるのを防げるとのこと。

 

やはり話しで聞いているのと実際見るのとでは情報量が違う。

栽培から製粉、希少な種を導入し栽培にチャレンジされることなど、今日は雨が降り出してかなわなかったが、今度は畑も見せていただければと思いながら帰路につきました。

 

川西からは高速で2時間ほど。結構遠かったけど行って良かったです。

廣瀬さんほんとうにありがとうございました。

at 22:49, ぐずら, 小麦づくり

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 22:49, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://udonyanonikai.jugem.jp/trackback/2027