吉田秋生 海街diary


 吉田秋生と言えば、カリフォルニア物語・バナナフイッシュ・yashaとか有名だし、けっこう好きなんだけど、
 最新作の海街diaryが一番好き。
 
河よりも長くゆるやかに とか 櫻の園 とか 夢みる頃をすぎても とか の
 一連の非アクションものの集大成のような作品だから。

 

 日常を淡々と描いた、作品群の人間を見つめる目がすき。



 最近出た3巻を待って、改めてまとめて読んだけど、1人1人のキャラクターを見つめる目と、その世界観というか空間を作ってゆくちからがいいなぁ。

 なんかさ、蒼井優主演の「百万円と苦虫女」 
 のイメージがかぶったりして。

 最近のお勧めです。

at 23:39, ぐずら, まんが

comments(2), trackbacks(0), - -

まんがが好き!



まんがが好きです、
52歳のおっさんですが、まんがが相当好きです。

  まんがを読みながら一日ごろごろしていると幸せです。
 一年位は大丈夫な気がします。

でも、そうしていると罪悪感にさいなまれて、
自分が怠け者のだめな奴になった気がします。
なぜまんがを読んでいるとそんな気分になるのでしょうか、

 スラムダンクなんか読み出すと徹夜です、
 ガラスの仮面でも同じです。
 飲めないくせに夏子の酒なんかも読んでしまいます。

この頃は紺野キタさんの続きはまた明日とか宇仁田ゆみさんのうさぎドロップとか、
一色まことさんのピアノの森とか曽田正人さんのカペタとかあずまきよひこさんのよつばと!とか
新刊の出る日を心待ちにしています。

 昔は兄の影響でCOMとかガロとかの火の鳥やらカムイ伝で歴史と社会を理解しました。
 今話題のゲゲゲの鬼太郎は、それほど好きではありませんでした。

その頃、矢代まさこさんののノアを探してや樹村みのりさんの菜の花畑シリーズも愛読書で
少女まんがかぁ・・・と思いながらも涙した中学生でした。

 息子の「みのり」という名前は、その辺の影響もあります。

 その息子と共にますむらひろしさんのアタゴオルシリーズは、
どれがどれだかわからない状態ですが、本屋で見つけると必ず買っています。

 森雅之さんのポケットストーリー他一連の作品も大好きです。
 木村紺さんの神戸在住も好きやったなぁ。

まだまだきりがありませんが、
みなさんはどれくらい知っていますか。

メジャーどころのまんがも一通り読みますが、
ちょっと外れたところの流れで好きな作品がたくさんあります
 
 うどん屋の2階には厳選のまんがコーナーを作りますとも。
 そして時々入れ替えます、でないとまんがだらけになるから。

原画展をやりたいです

 

 とりあえずは、ますむらひろしさんと森雅之さん

 タイガー立石さん、どちらかというとイラストレーターですが、
 これもやってみたいなぁ。



 ここまで来ると、まんがだけでなく、絵本の分野に言及したいところですが、
きりがないので今日はここまで。

 今夜は久しぶりの大雨です。


at 23:54, ぐずら, まんが

comments(0), trackbacks(0), - -