今日は神戸

 
 12/25に神戸のデイサービスセンターで、一時間のライブ。
 クリスマスだというのに(?)
 施設利用の高齢者の方々と楽しい時間を過ごす。

 いつものオリジナルだけでなく、一緒にうたえる歌も仕込むので、
 今日も練習に新長田へ。

 「里の秋」やら「見上げてごらん夜の星」や「かあさんのうた」「雪の降る町を」やら
 13時30分より17時までみっちり練習。
 
 がんがん歌って気持ちがいい。


    夕方、女子大生と能勢口で合流。
    久しぶりに小花庵へ

    

    天ざるの大とざるの大。
    既に半分食べてしまったが、
    ここのそばはうまいでぇ。

    天ぷらもごついが、そばにしては量もたっぷり。
    
    福島県、十和田湖や長野県戸隠やら、
    そばもたくさん食べにいったけど、
    
    川西のそばレベルは高い。
    小花庵 蕎花 隠れ庵

    ここのそば湯を飲みながらしみじみ思います。

    今日はとうとうここのご主人に、
    わたしがうどん屋をやるのがばれてしまった。

    そのうちご挨拶に行こうと思っていたんだけどなぁ。

at 20:50, ぐずら, トーフレンズ

comments(0), trackbacks(0), - -

東灘区高齢者大会

 
 昼からトーフレンズの演奏で神戸市東灘区へ。

 早めに着いたので、近くの食堂で昼食。
 「なごみ食堂」


 国道2号線田中交差点北に曲がった十二間道路沿い。



 チキン南蛮定食がおすすめ。これは日替わり定食(なごみ定食980円)



 唐揚げの黒酢あんかけ、つくね入り白菜煮、きゅうりの酢の物、切り干し大根
おいしいし、野菜も多くバランスとれているし、。980円は安くないけどこの内容なら妥当。
ご飯お代わりできたならむしろお得なんだろう。


 

 シンプルなテープルにベンチ。ベンチはもの入れになっている。



 店の真ん中に厨房があるところは、4月に行った西荻窪の「のらぼう」みたい。
 うちの店の感じとは違うけど、色々工夫して作られた店内。
 素敵な店ですねって言ったら、まだ始めて一週間とのこと。
 地域に愛される店になればいいな。



その、田中の交差点には有名な鈴木商店。
ここは、ソフトクリームでしょう、
小降りなのにしっかりクリームが詰まってて200円。

 さぁ、出番は2時から

   1時半頃から慌てて設営とリハ。
   いつものように、リハなのに既に会場は一杯。
   汗だらだらでPAの結線、チューニングも。
 
   

   リハがあんまりできず、かなり緊張してしまった。

   

   熱心に聞いてくれるお客さん。
  
   5曲ほどやって、お次の落語に交替する。

慌てて撤収してから近所のファミレスで相談。
前のライブが好評で、次回のライブいつやるのか聞かれているとのこと。

 来年夏以降にやろう。
 やるからにはオリジナル曲を増やそう。
 CDないのかとの問い合わせも多く、
  今までのオリジナルをミニアルバムにしてみようかということになった。
ふふふっ、いよいよCDデビューか・・・。   
紅白も近いな。

 明日は東二見(明石)のデイサービスで歌う。

 売れっ子?

at 22:18, ぐずら, トーフレンズ

comments(0), trackbacks(0), - -

北区母親大会

 
 今日は神戸の北区母親大会に呼ばれて演奏。

 

 トーフレンズはもともと、兵庫(県)の母親大会の手伝いに来たお父さんが、
 居場所がないので作った「とうふ連」(絡会‥‥何と闘うのやら)
 との関わりの中で生まれた。
 音楽好きの親父9人とお嬢さんひとりで九条ズ(9+嬢)とか、
 10人でトウ(10)フレンズとか、まぁ、深くて意味のない‥‥んだか何だかわからない、
 いわれを持つことは歴史的事実である。

 母親大会は、全国各地で開かれている催しで、子育てに悩む母親が勉強したり、
 専門家の話を聞いたり、お互いの悩みを出し合って励まし合ったり、学校や教育の問題を話し合ったり。
 この頃はいささか高齢化が進んでおり、介護の話や高齢者医療の話などもテーマになっている。

 こうした母親大会への出演依頼は、極力受けるようにしているし、側面から応援できるのは嬉しい。

 場所は神戸市北区の「しあわせの村」。
 川西からは高速で一時間ほど。昨日に引き続き神戸市北区へ通っている。

 今日も一週間前までの練習が功を奏してなかなかの演奏が出来た。

 
     うどんもそうだけど、こうして聴いてくれるのは嬉しいなぁ

at 18:56, ぐずら, トーフレンズ

comments(0), trackbacks(0), - -

トーフレンズ平和を歌う

 

 今日はトーフレンズの初ライブ。
 9時に新開地の神戸アートビレッジに集合、搬入〜設営。

 10時からサウンドチェック〜リハーサルに入る。



 テキパキと準備は進み、スタンバイするギター達。
 トーフレンズの特徴は、マーチンやギブソンはなく、殆どが国産ギター。
 アストリア、K.ヤイリ、チャキ、ジャパン・フェンダーなど、
 
 みんな結構いい音出している。
 
     

   本日のトーフレンズ、総勢9人。
   どんだけマイクがいるのか、
   ギターやベースはアンプ出力にしたので、
   ボーカル9本にアコーディオンだけミキサーに繋いで10チャンネル。

   すべてのギターをライン入力するなら、なんと18チャンネル必要となる。

   いつもは音響の結線で一汗かくのだが、きょうは知人に無理をお願いしてお任せすることにした。
   
   し・あ・わ・せ・・・・・

   歌と楽器に集中できたので、いつもよりミストーンが少なくてすんだ。
   

   お客さんも50人を超えて、会場はほぼ満席、
   頑張って練習してきた甲斐があったというものだ。

     
   

   もりたさんのコーナーで、パーカッションとコーラスの助っ人として参加。
   
   戦争を知らないこども達'83 ・・・・ ザ・ナターシャー・セブン
   メッセージ          ・・・・ ハンバート ハンバート

   この二人はかつて「てるてる坊主」というユニットを組んだことがあるが、
   今回は千葉さんも参加して、
  
   

    トリプルてるてる坊主。

      こうして盛況にトーフレンズの初ステージが終了
      
    私たちのつたないライブにたくさんご来場頂いてありがとうございました。
    




 撤収後の打ち上げは、それはそれは盛り上がりました。
 50代60代は、まだまだ夢に向かって進む世代ですなぁ。

 みなさんもごくろうさまでした。 

at 22:15, ぐずら, トーフレンズ

comments(0), trackbacks(0), - -

最終練習〜アーコール

 

 新長田で練習。
 高校生の時は、ヒマがあれば歌をうたいギターを弾き、ベースを弾いていた。
 
 今は雑念が多いのでろくに練習もせずうたっている。
 
 だから、なかなかうまくならないし憶えられない。
 明日はトーフレンズの初ライブ。
 不安材料が一杯だが、まぁ、確かにずいぶん時間をかけて練習してきたのだから、
 後は明日頑張るしかない。

 The answer, my friend, is blowin' in the wind,
 The answer is blowin' in the wind.

 である。 
 
 明日は14時〜 神戸 新開地のアートビレッジセンターで
 ふふふ、楽しいライブにしたい。


 神戸に行ったついでに1階に入れるアーコールの椅子と机を改めて見てきた。



 イギリスの家具デザイナー ルシアン・アーコラーニによって1920年代に設立された家具メーカー。
 イギリスの伝統的なウィンザーチェアーなどの製法と、モダンデザインを融合させた堅木椅子などの家具は、日常使い出来るシンブルさと優れたデザインが共存している。
 蒸気で繊維を断ち切ることなく木を円形に加工する「曲げ木」の技術で、
こうした優れたデザインの椅子を、日常使いのものとして生産できるようになったことで、
1950年代〜60年代 頃には大量生産可能な安価な家具が英国の家庭に普及した。
 最近デザイナーのマーガレットハウエルがこのアーコール社の椅子を評価し、
復刻版を出したことで改めて知られるようになり、結構その筋では人気のある家具メーカ。
 
 1960年前後のものは、素材も作りもしっかりしており、大量生産されたものでも、
 実用性とひとつひとつ個性を兼ね備えた魅力がある。

 ・・・・と、魅力を感じる人はそうかなと思う、でも、デザインとか意匠というのはある段階からは主観になってしまう。

 ただ、ひとつひとつ丁寧に作られ、使われてきたものの魅力にはそれなりの普遍性があるとは思う。 


 
 
 マーガレットなんちゃらさんの事はよく知らないが、そんなこと知る前から店をやるならこの椅子も置きたい!
 そんな思いで2階用にと座面の低い「ファイヤーサイドチェア」は、フライング気味で購入していた。
 この椅子こそ、特に座面の低いタイプはネットでも店頭でもほとんど見かけず、数としては少ない方なのだと思うが、
 背の高くない私としては、床に近い椅子が好きなこともあり大好きな椅子であった。

 かといって、アーコール城にするつもりはもとよりなく、値段とデザインがマッチしたものを選んでゆくか作るかというところ。
 当然、用途やそこに使う必然性、合理性をまず考えるのだけど。
 そう言う意味では、写真の小さなテーブルはイケアの訳あり商品。
 
 結構気に入っている。

 更に2階は、アーコールの小学校用に作られたスタッキングチェアも置きたいが、
 主力となるのは福島県の廃校になった小学校の木の椅子と二人がけの机。
 
 いまは、S崎さんのところで預かってもらっているが、埃を払って手入れをしてやるのが待ち遠しい。

 何十万もするような高級家具を入れることは出来ないし、その方向にはあまり関心がない。
  値段の張る物の中には、本当にそれだけの値打ちと理由のある物があるのだろうけど、
  うちの店でそれを使う必要はない(そもそも高くて買えない)。
  
 庶民に手の届く範囲で、愛着の持てる(抱きしめたくなるような?)椅子とかテーブルとかに
出会えるところというのが私のこだわり。
 
 椅子でも机でも建物でも、アンティークでも中古でも、アウトレットでも手作りでも新築でも。
 
 1階のメインのフロアの机は、新しく作ることになるのだが、これもまた、どんな机になるのか楽しみだ。


        

at 22:25, ぐずら, トーフレンズ

comments(0), trackbacks(0), - -

トーフレンズのライブ10/24


  トーフレンズのライブまであと1ヶ月余り。
  過去を懐かしんでいる暇などない、前のめりのおっさんたちと一人のおねぇさまが、
  平和の願いを歌に託して頑張ります。

  みんなのんきそうな顔をしているけど、色んなところで色々に踏ん張って、闘って、
  ここまで歩いてきて、自分たちの今と未来に向かって唄います。

  ちょっと遠いけど、お暇なら来てよね。
  

 今日も、その練習のために新長田へ。
 コーラスを繰り返し繰り返し練習。

 うどん屋始めたら、そうそう出られへんやろから、頑張らんとな。

 
 それにしても神戸は遠い、何遍も言ってるけど。

 研究所に帰ってきたのは20時時前、猪名川に架かる阪神高速の橋が光っている。
 ビッグハープとか言ってるけど、せめてドラゴンブリッジにして欲しかったな。
  
  
     

 

  五月山の四季とは
  全く違う景観だけど、
  これはこれで美しい。
 
  猪名川に映った灯りも、
  なかなかのもの。






  家に帰ると今日は女子大生の晩ご飯。



 おぅ、カフェごはんみたい。


 ゴーヤとじゃがいも、ウインナーのチャンプルー。エンツァイとシイタケのおひたし。焼きナスにかぼちゃの炊いたん。

 なかなかやるな女子大生。
 来週から授業始まるんやて。

at 22:30, ぐずら, トーフレンズ

comments(4), trackbacks(0), - -

10/24にトーフレンズのライブ

  今日は新長田でトーフレンズの練習
  いつもながら神戸は遠い。
  3時間、コーラスの練習をしっかりする。
 
前に少し書いたが10月に自主ライブをやる。
今まで、各種イベントに呼ばれて歌ってきたが、
その集大成として、まとまった時間を取ってライブをやろうと言うことになった。

 場所は神戸の新開地 神戸アートビレッジセンターだ。

 以下詳細。

トーフレンズ

もりたあきらトーフレンズ 平和を歌う」

 日時:10 月24日(日) 14:00
場所:神戸アートビレッジセンター 
KAVCシアター
料金:前売・当日共1000円 ※全席自由席
お問い合せ先:078-511-6179(チバ)

 ボブ・ディランの「風に吹かれて」の替え歌やら
 私のオリジナル曲「世界はつながっている」
 もりたさんのオリジナル曲「戦争をしないでずっとずっといこう」
 稲継さんのオリジナル曲「砂漠の嵐」とか
 など、平和・憲法・自由・いのちをテーマにした、トーフレンズのいつもの歌の数々。

 そして、我々の中でもひときわ音楽に熱心でキャリアも長い
 もりたあきらさんのコーナーもある。

 そして、お客さんとのシングアウトの時間。

 保育所の3階ライブとは少し趣が違うけど、私の好きな音楽の、
 ひとつの形がみられると思う。

   興味のある方は、ぜひお越し下さい。
 ・・・、自分のライブって、勧めにくいなぁ。

 予約は「トーフレンズライブ申し込み」として、
 y_nagao@mac.comへメールを

at 23:30, ぐずら, トーフレンズ

comments(5), trackbacks(0), - -

ラーメン屋の2階 !

 今日は久々にトーフレンズの練習日、
10月24日に新開地のアートビレッジで、
メンバーの一人「もりたあきら」さんとトーフレンズのライブを予定している。

もりたさんとは結構長い付き合いで、
お互いナターシャセブンが大好きなこともあって、
二人で「てるてる坊主」というユニットを組んだこともある。

トーフレンズはええ年の仲間たちが元気にやってはいるが、
一人一人は糖尿やら高血圧やら喘息やら、
年相応に薬が欠かせない。

まぁ、私が一番若手、いや2番目か。

練習の後、西元町の一心というラーメン屋で、
病をおして宴会、いや、会食。

ここは2階にステージがあって、ギターがごろごろ。
マーチンD-42とかが自由に弾けたりする。

100613_213514.jpg


練習よりはるかに熱心に盛り上がって、3時間ほど歌い続けた。

100613_213538.jpg 


 



 ベースなんかもあって、指に水ぶくれができるほど弾きまくってしまった。

 一足先にラーメン屋の2階ライブをやるとは思わなんだ。

 よく考えると、お店の大将や奥さんにもっと話を聞いとくべきやったなぁ。

 しかもベース弾きまくってたせいで、ラーメン食べ損ねた、無念。


 あしたは14時頃から仕込みの日、火曜日は製麺します。

at 23:36, ぐずら, トーフレンズ

comments(2), trackbacks(0), - -