大山崎 Coffee Roasters


きょうは朝から踏み踏みに励んだのち、
阪急乗り継ぎ、やってきました。

隣の駅、水無瀬には、夏葉社のフェアで長谷川書店に来ましたが、ここは初めて。サントリーやら美術館やら何とか荘やら見所一杯の大山崎。ゆっくり来たかったんだけど、踏み踏みちょい時間がかかってギリギリ。

秋の終わり冬の始まりのそらがあおい。

ここや、ここや

やって来たのは

東京からやってきた若い夫婦が始めた焙煎所。今日はここでピッキングしたりロースター触らせてもらったりのCoffeeデイ。

富士ローヤルのディスカバリー。一回200gと焙煎量は少ないけどかっこいい&可愛いやつ。

まず、焙煎前のピッキング。
正直、どれがアウトでオッケーか判らなかったので凄く勉強になる。楽しい〜

これ、アウト。
豆はルワンダ バフコーヒー。ブラジルとコロンビアと3つから選ぶんだったけど、3回分ともこれを選ぶ。
さあ、焙煎

あれ?いやいや。これはうちのR2-D2。
実は、色々試したくて店から持って来た。今日焙煎する豆をいつもの様に焙煎してみたくて。

ピッキングして、焙煎して、3回やらせていただきました。
初めての焙煎機、何と面白い。
がすの流量計見ながら火力調節したり、ダンパー開け閉めしたり。

あっと言う間に3時間。
超深煎りになったうちのやつと、ここの焙煎機で煎ったシティローストを飲み比べました。
おお、全然違う、そしてそれぞれうまいうまい。二、三日そして一週間程置いて飲むのがオススメだけど、煎りたてもそれはそれで味わい深い。
お二人と沢山話してそれも楽しかったぁ。
帰り道、冬の始まり秋の終わりの夕空。
新しい出会い、楽しい一日でした。

at 18:17, ぐずら, カフェ

comments(0), trackbacks(0), - -

上越から那須へ〜SHOZOCAFEを訪ねて

 せっかく応援に来たのだから、日曜日も手伝えばいいものを、
さすがに身体もしんどいし、気持ちの切り替えをせんと来週から頑張る自信がないので、
30日(土)夜営業を終えた後「鶴越」を後にし、池袋行きの夜行バスに乗ることにした。

土曜日の昼まででほいほいが抜けて、夜は夜で大賑わい。
日曜日の仕込みも沢山必要だったので、皿洗いや製麺の手伝いをやれるだけやって、
とうとう玉切れで営業終了。

隣でおいしいコーヒーとジェラートをごちそうになって、
「ねぎラー醤油」の晩ご飯を食べて、高田駅前の頸城バス案内所へ。

たまは本当にありがたがってくれたけど、ありがたかったのはこっちの方もだった。
丸2年、夢中で絹う研をやって来て、うどんづくりから店の運営まで、
一週間こんなにじっくりゆっくり考える事ができたのは久しぶりだった。

山菜やなめこもどっさり買って、店へのお土産もゲットしたし、充実した一週間でした。


そして、那須へ向かう。

何で那須?

週一日の休みで、なかなか遠出できない身なので、新潟も栃木も一緒くたで北の方だから。

絹う研を始めるにあたって、うどん屋とカフェとライブハウスをやるつもりだった。
うまいもんと音楽を中心に、人と人の輪ができていく場所が作りたかった。
その欲張りな計画は、みなさんのおかげで一応その方向で進んでいる。

居心地のいい空間作り、自分のイメージの参考になる場所を沢山見て回った。
カフェと一まとめにして言っても、様々な形態があるし、そもそもビジネスモデルとして作るのではないから、
あくまでも自分の作りたい空間を具体化する手がかりとして目を肥やしに行ったのだった。

1988年、25年程前に栃木の黒磯で、アパートの2階の一室から始まったSHOZO CAFE
言ってしまえばガラクタのような空間と物に、新しい価値を与えて空間を作り出したカフェの始まり。

古い民家、不揃いの机や椅子、規則性のかけらもないレイアウト。
それでいて心落ち着きいつまでも居たくなる個人的な場所を作り出している。


朝4時半に池袋着。
そのまま上野〜赤羽〜宇都宮〜8時前に黒磯到着。
SHOZO CAFEというのは、黒磯駅近くの
カフェ「1988CAFE SHOZO」と
その1階のコーヒーやスコーンなどを販売する「THE TASTE」
さらに、雑貨や衣類などの店「SHOZO 04 STORE」と「ROOMS」が近くに点在する
そして、もう一軒のカフェ
10時開店のNASU SHOZO CAFEは、黒磯からバスで那須高原へ30分ほどのところにある。



少々早いけど、駅で立ち食いのそばを食べて8時12分のバスに飛び乗り、



何だかわからない名前のバス停で下車



開店には1時間以上あるので、店のまわりを見学しつつ、

IMGP0467.jpg

看板の裏表に感心したり

IMGP0464.jpg
IMGP0465.jpg

広いデッキのベンチに座ってのんびり読書。
くるりなんかがかかっていて、寒いけど快適快適。

IMGP0463.jpgIMGP0466.jpg

開店準備が終わり、一番に店内へ。

IMGP0468.jpg

端っこの方に席を取って

IMGP0471.jpg

ケーキとスコーンのセットなどを頂く。

IMGP0470.jpg

スコーンなど普段食べないんだけど、おいしい。
でもこのセット1190円・・・毎日は無理。
あ、写真はちゃんとお断りして撮らせて頂きました・・・念のため。

那須高原というリゾート地の非日常の店なので、
見たいものとちょっと違うのだけど、そこここに引きつけられる。

2時間ゆっくり過ごして、店のオーナー菊池省三さんらしき方ともお話しができて、
移動の疲れも癒えて、いよいよ本店のある黒磯へ戻ることにしました。

黒磯駅前から10分程歩くと「ROOMS」。
その前を通って
カフェ「1988CAFE SHOZO」と「THE TASTE」「SHOZO 04 STORE」に到着。
早速「SHOZO 04 STORE」に入るところで菊池さんに再会。

IMGP0484.jpg

服やら器やらを見つつ、どうにもディスプレイ用の瓶やら椅子に反応してしまう。

IMGP0486.jpg

あらためてカフェへ。
静かに営業しているという2階に上がると、そこは不思議な異空間。
文化住宅の2階をぶち抜いて、カフェにしてしまったというのがそのままの空間なんだけど、
床やら柱やら、厨房からトイレまでもが懐かしく居心地がいい。

こないだ行った京都のエレファントファクトリーを大きくしてごちゃごちゃにした感じ。

厨房のすぐ横の席に座ることができて、
菊池さんがドリップで丁寧にコーヒー入れているのやら、
食器を洗ったりしているのを間近に特等席で見ることができた。

IMGP0485.jpg

昼間っからブラインド下げてごちゃごちゃしたところでコーヒー飲んでる私たち。
秘密基地のような。

こうしてここでも2時間ゆっくり。
本当はいちにちうだうだしていたかったんだけど、
厨房で使ってたヤカンが気になったのと、
やっぱりそばがたべたくなったので、持ってきたポットにブレンドを詰めてもらって
SHOZO CAFEを後にした。

ショップカード沢山預かってきたので、絹う研の1階においておきます。


駅前の荒物屋で6.5リッターのステンレスのやかん・・・欲しい・・・

業務用 IH対応18-8ステンレス・広口ケトル6.5リットル KY-650

でもこんな大きなやかん、絹う研で何に使うねん。

でもかっこよかったんや、SHOZO CAFE の厨房やストーブの上においてあるこのやかんが。
ネットで買うより那須の荒物屋さんの方が安かったし。



泣く泣くあきらめて向かいの通りのそば屋へ、
盛りそばの大をもりもり食べていると・・・ん?
ピコピコと聞き慣れた音楽が。

そう言えば鶴越で聞いたさやちゃんの携帯待ち受けもこの曲やった
「ぴたごらすいっち、ぴたごらすいっち〜♪」
何で黒磯のそば屋のBGMまでもがピタゴラスイッチ!

聞けばこの店のご主人が大好きで、
栃木に彼等が来たときは必ずみんなで聴きに行くとのこと。

偶然が続き嬉しくなってしまう。
そうそう、6月にムジカでワンマンだよ、早く予約せんといっぱいになるよ。

それから新幹線を乗り継いで川西へ。
16時には黒磯だったのに、21時には池田に着いている。
遠くてとても行けないところだと思っていたのになぁ、たま、ありがとう。

池田から絹う研まで、猪名川土手をてくてく歩いて帰りました。

IMGP0493.jpg

出てくるときにはようやくほころびはじめていた桜が、もう、満開になっていました。
IMGP0492.jpg

3年前、28年間勤めた職場を退職し、
桜満開の中、川西共同保育園の給食の手伝いをしつつ、
カフェを色々見て回った頃の記憶とこの夜桜がダブってきて、
絹う研2年やって来たのは夢で、この先にはまだ解体前の古い長屋と、
ガレージの旧研究所があるんじゃないか、
そんな不思議な気持ちになりながら夜桜のしたを歩きました。

こんな頼りない所長の店なのに、
再会した4/3(水)。
スタッフはもちろん、忘れないていてくれたお客さんがいっぱい来て下さって、
ほんまに嬉しかったです。

あしたも、お土産の山菜天ぷらと、なめこと蕗みそと、頑張ってはかま取った土筆のご飯と、
うまいうどんを用意して待ってます。

4/14(日)には、間違いなく葉桜の下にはなりますが、
絶対楽しくなるはずの 三田村管打団?のライブもあります。

さあさあ、頑張るぞ〜。


at 21:58, ぐずら, カフェ

comments(0), trackbacks(0), - -

うどん屋の2階 珈琲研究会 2/2 やります

 
 所長好みのマンデリンベース、
 苦みがちょっと強いけど、
 じんわり味わいが出てくる五月山ブレンド

 五月山を眺めながらじっくりぼんやり味わうために、
 百合珈琲に相談してブレンドを作ってもらったもの。

 ただ、珈琲にも当然好みもあれば苦手もあるし、
 そして、おいしい珈琲の味は1つではない。

 色々おいしいと思う人もあれば、
 苦いのは苦手、酸味があるのが好きだとか、
 好みがはっきりしている人もいるだろう。

 そんなこんなで珈琲研究会やります。

 百合珈琲さんに来てもらって、
 五月山ブレンドとは全く反対のブレンド、
 猪名川ブレンドを作っていこうと思います。

 一応スタッフ中心にやりますが、
 限定5人ほど、参加者募集します。

 
  うどん屋の2階 珈琲研究会
  日時 2月2日(木)15時より 
  場所 カフェ・うどん屋の2階
 うどん屋の2階で出す第二のブレンド、猪名川ブレンド
 百合珈琲さんにこの候補となる何種類かの珈琲を入れて頂き、試飲して頂きます。
 そして、試飲の感想をちょこっとだけ聞かせて下さい。 
 参加費 500円 
  百合珈琲さんの珈琲+オマケ(うどん屋のケーキ)

 お申し込みは1月31日までに絹う研まで。
 メール kinuuken@nguzu.net
 電話  絹延橋うどん研究所072-767-7639 所長 永尾090-4291-0122

 ※ 定員に達し次第締め切りとなります

 
 

at 20:32, ぐずら, カフェ

comments(2), trackbacks(0), - -

京都文教大学 学食ランチ


 今日は22日の代わりで何もやらん日。
 一日中ごろごろしていたのでネタがないといってたら、
 女子大生が、いままで撮ってきた学食の写真を載せろとの提案。

 自分が食べてないもんなんかテンション上がらん。

 といいつつ紹介。




 とにかく麺が120円で、自由におかずを選ぶカフェテリア方式。季節のおかずが毎日変わって、少しでいい人にはお得なランチだそうだ。
 
    

 お弁当も350円(くらい?)安くてお買い得、さすが学食。

 所長ご愛用の「のざわや」とはひと味違うおしゃれ感。

 うらやましぃ。


ごろ寝のお伴

 石黒正数さんは「それでも町は
廻っている」でブレイクしたけど、
あれはあれとして、こちらの流れの方
を読んで大好きになってしまった。
 
 時間的には別の作品「ネムルバカ」
の後がの作品。そして、作品的に
はこの後に「ネムルバカ」。
 という、ややこしいことになっているが、
この家族のそれぞれの描き方が、
ええ加減な様で深い。

 最近、ポツポツこんな作品を書く
人がでできたな。
 大人の鑑賞に堪えるマンガ、
 見つけ出すのが楽しい。


 
  明日から二日間、防火管理者の講習会。
  研究所は、席数少ないので資格は不要だけど、
  勉強のために受講。
 
  頑張ろう。

at 22:10, ぐずら, カフェ

comments(0), trackbacks(0), - -

果実酒



  昨日、能勢のU安さん家にお邪魔したときに頂いた
  「桃太郎ファイト」
  それから「山桃」
  
  「桃太郎ファイト」は桃太郎の品種で、病気に強く糖度が高い「高糖度完熟品種」
 生でも煮ても焼いてもうまい。
 
  山桃は500グラムほども頂いたので、思い切って山桃酒にすることに。
  
  ホワイトリカーも買ったことだし、とまと酒も試してみよう。

 
 3か月くらいで飲めるようになると言うが、うまくできるかな。
 だいたい飲めん奴がつくる果実酒。
 
 どうなる事やら。

at 21:19, ぐずら, カフェ

comments(2), trackbacks(0), - -

ベジキッチンやまつじ

RIMG0157.jpg
 
大阪は道修町、八百屋山辻がやっているカフェ。
ベジキッチンやまつじ
ランチは人気で行列〜売り切れの毎日らしい。

店は右半分が八百屋でこだわりの野菜が置いてある。
左機カウンターで調理スペース。
デリ・総菜の持ち帰りコーナー
その奥がキッチン喫茶コーナーになっている。

RIMG0156.jpg

今日はカフェと野菜料理の調査でそのランチを食べなければならない。

雨の金曜日、午前11時半。15分待ちで名前を呼ばれる。

RIMG0150.jpg
パスタ・リゾット・カレーの内ひとつと、
前菜盛り合わせ三種とサラダ、スープ、1500円。
生パスタだと100円アップ。

RIMG0151.jpg
牛蒡のピクルス
RIMG0152.jpg
しろ菜のソテー
RIMG0153.jpg
塩とま

う〜ん、そらうまいけど、ひよこ組のメインより少ない。

RIMG0154.jpg
四葉(スーヨー)きゅうりのサラダ。普通やなぁ。

生パスタはうまい。
大根やら人参やらはたけしめじやらサーモンが入ってる。
RIMG0161.jpg
しょうゆ味。パスタがゆで具合と食感が異様にちゅるりんちゅるりん・・・うまい。

これで1600円かぁ。
近くで300円弁当を売ってる北浜のビジネス街。
どっちも行列、

      ???????

終わってから厨房の打ち合わせなので、博労町まで歩き始めたら・・・

ビルの2階にカレー屋がーーーー誰かのブログで見たっけ

Columbia 8 (コロンビア エイト)


ふらふらはいってしまう。

ええやろっ! カレーが好きやねん。

キーマカーレー750円
ひりひり辛い、ごはんに入ってる麦がぷりぷりしてうまい。
RIMG0167.jpg


食べ過ぎ。


厨房設計のT垣さんと、ドライシステムのことでしっかり話をする。
やはり中に側溝を作らない方がよさそう。
床に水を流さない厨房。
掃除は掃除機かモップ。
いかに掃除しやすくするかーーーを今後詰めていきたい。

夕方は梅田に戻っていよいよ野菜ソムリエ(ジュニア)の講習会。
結局、勉強することにした。

6人ひとグルーブで座り、とりあえずは隣同士で自己紹介。
その後はグループごとに。

野菜や果物を通してコミニュケーション
野菜・果物たちとコミュニケーション

傾聴に値することも多く、大根のヒゲ根の生え方など、
何でもないことでも「知る驚き」「知る喜び」。

明日、あさっては、あさから夕方まで連続。

そして7月10日に試験。

明日も頑張ろう。
RIMG0171.jpg

帰りは駅前第3ビルの地下でまたまた
「踊るうどん〜まいたけ天生醤油うどん」
つるぴかむちょむちょや〜。

at 23:53, ぐずら, カフェ

comments(0), trackbacks(0), - -