ご近所の一箱古本市〜ぴぃかまbooks企画『一箱古本市』@らいとぴあ

「ぴぃやん」ことベーシストの中村仁美さんから

こちら(箕面市立萱野中央人権文化センター(らいとぴあ21))

2/24(土)10時から、一箱古本市開催のお知らせを頂いた。

うどん屋の2階で何度か開催して、「川西空想書店」として今年も開催予定だが、

近くで開催されるのは嬉しい。

詳しくは以下のサイトをご覧下さい。

https://www.facebook.com/events/2012516929021748/

http://raipinews.seesaa.net/article/456149830.html

私と言えば・・・土曜なので行く事はできないが、

このくらいの近場で月曜日にどなたかやってくれないかなぁ・・・

散髪屋さんとくたびれた飲食店勤務の人たちが集まってくるはず。

一箱古本市・・・楽しいよ。

ご都合のつく方は是非。

まぁ、自分とこでやるしかないか。

 

スクリーンショット_2017-12-23_16.24.03.pngスクリーンショット_2017-12-23_16.24.12.png

at 02:33, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

絹延うどん生麺予約販売2017→ 12/28(木)引き渡し※予約は12/27(水)まで

絹延うどん生麺予約販売2017→

 12/28(木)引き渡し 予約は12/27(水)まで

絹う研の年内通常営業は12/24(日)まで。

そして、12/28(木)は特別営業・製麺所ごっこの日。

1/10(水)までどうすればいいんやという方に、お詫びもかねて…

IMG_8491.jpg

絹延うどん 生麺パック

年末限定 予約販売のお知らせ2016 

 1パック600g(4玉分) 600円(込648円)
 醤油(360ml)450円(込486円)でお分けします

 

予約締め切り 1227()午後15まで
 引取り 28日(木)10〜19時まで
※ 代金と引き替えに手渡しとなります
 
すみませんが配達発送はありません
※ 1人でふみふみして作るの
申し込み順に限定80パックで終了となります
 申し込み方法 申込時にお知らせ下さい
お名前  数量 (          )パック  
醤油希望 有 (    )数  
連絡先お電話  引き取り予定時刻
   申し込み先
メール kinuuken@nguzu.net できるだけメールで     
お電話 072-767-7639  原則として営業時間中 
・営業時間外 090-4291-0122 永尾(所長)
 

  • おいしく食べるには
     日中に食べることをお勧めしますが冷蔵庫で2〜3日はオッケーかな

   それ以降に食べるなら買ったそ日に冷凍して下さい
   少しずつ食べたかったら凍らす前に小分けしてから冷凍すると良いです冷凍したら
   一週間くらいは大丈夫です
     小麦粉と水と塩と打ち粉一杯愛情と少し根性で作ったどんです
      保存料等一切入っていませんお早めにお召し上がり下さい
  ●ゆで時間16
    100グラムあたり1ットルお湯を沸かして茹で上がり後は
    流水で良く洗って締めて
    冷や場合はそままで
    あつ場合はも一度お湯にくぐらせてお召し上がり下さい
    ●釜揚げは1分くらい早くお湯から出してそままで
 

申し込み票(控え)   
・お名前            ・数量(  )パック  ・醤油 不要・要(   )個 
・連絡先お電話                ・引き取り予定日時・28日      時

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------                                                             申し込み票   
・お名前            ・数量(  )パック  ・醤油 不要・要(   )個 
・連絡先お電話                ・引き取り予定日時・28日      時

at 00:05, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

2015.04.25(Sat) 川西空想書店 出店者募集中

うどん屋の2階で古本市を過去2回開催している
兵庫・京都を中心にブクブク交換や
一箱古本市の企画をしている「en_bok」さん

土曜日夜、うどん食べた後、
次回のイベントの相談をした。

「川西空想書店」!!

ううんっ、もう、
タイトル聞いただけで
楽しそうやないの。

古本市、ブクブク交換、
シディシディ交換、
楽しかったので、
またやってほしいなぁ・・・と
思っていたら
こんな話。

毎月第三木曜日に
石坂さんがやってくれている
絵本の読み聞かせ
「ほっとたいむ」にしても、
この間「恵文社」行った時も、
アンジェやらバーンシェルフやら
行った時もいつも思う。

ああ、川西に本屋が欲しい、
誰か本屋やってくれへんかなぁ、
誰もやらへんかったら、
うちがやってしまうよ〜
絹延橋「本」研究所・・・絹ほ研?
とかいって。

何もかもうどん屋がやるわけにはいかないので、
本が好きな私としては、
とりあえず本にまつわるイベント、
大歓迎です。

今回は、
より、本にこだわった内容を
考えているとのこと。

うううっ、
楽しみやなぁ。

以下、en_bokさんの告知
貼り付けます。

2015.04.25(Sat) 川西空想書店 出店者募集中

今年の絹延橋うどん研究所さんで行う本イベントは
「川西空想書店」に決まりました。
川西空想書店について
【日時】2014年4月25日(土) 11時30分〜16時
【会場】絹延橋うどん研究所(http://r.goope.jp/kinuuken )
     カフェ・ライブハウス「うどん屋の2階」
     兵庫県川西市小戸3丁目23−6
     能勢電鉄絹延橋駅 徒歩1分30秒
そこで、出店者さんを募集します。
募集店数は5店程度ととても少ないので
希望される方は
お早めにお申し込みください!
出店を希望する方は、
この記事をさくっとお読みいただき、
下の応募要項をコピペ&記入して
en.bok.2012★gmail.com までメールして下さい
(上記アドレスの★を@に変えてください)
二日経っても、こちらから返信のない場合は
お手数ですが再度送信いただくか
ブログコメント欄に、鍵コメ(非公開コメントにチェック)して
お問い合わせくださいませ。
【応募要項】1:氏名(ふりがなも)(必須)
      2:屋号(ふりがなも)(必須)
      3:お店のコンセプト、またはキャッチフレーズ(必須)
      4:書店の紹介文(後日でも可)
        (必須・100字程度・ブログやFBなどに掲載します)
      5:ご自分のサイト・ブログなど(1つ)(後日でも可)
      6:住所(必須)
      7:電話番号(当日連絡のつく番号・携帯可(必須)
      8:メールアドレス(携帯・スマホ不可)(必須)
      9:参加予定人数(1エリア2〜3人が限度です)(後日でも可)
      10:夜に同会場で打ち上げを予定しています(桶うどん+ドリンク)
        家族や彼氏彼女など近しい人も一緒に参加できます
        出欠と参加予定人数(後日でも可)
【参加費】1000円+ドリンク代(会場費、フライヤー代等)
     (当日、受付時にお支払いいただきます)
【注意事項】1:◯◯のある本屋はOKですが、本のある◯◯屋はNGです。
      2:食品は不可です。
      3:同じような書店が多数重なった場合、または公序良俗に著しく反する場合など
        出店をお断りする場合があります









 

at 01:27, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

11/8(土)おやつまつり

うどんやおかずもそうだけど、
絹う研では、乳・乳製品、卵を使わない手作りおやつを作っている。
できるだけ近くで穫れたものを使って〜

うどん屋のケーキ・・・季節の果物ジャムを使ったうどん粉と豆腐・豆乳で作ったパウンドケーキ
うどん屋のゼリー・・・季節の果物を使った素朴なゼリー
うどん屋のプリン・・・所長の手作りジャムやシロップを掛けて食べる豆乳プリン

毎月第三日曜日には、ひぐちゃんがうどん屋のパン(薄力粉に近い中力粉・ふくほの香で苦労して)を作ってくれる。

所長がかつて作ってた「なかしましほ」さんの「スマイルビスケット」。
絹う研では「くちどけの悪いクッキー」として一世を風靡したのですが、なかなか手間がかかる。
それをあやちゃんが引き継いで研究を重ね、「くちどけの少し悪いクッキー」として、復活。
種類も色々増えてきた。

そして、なおちゃんが突然「握りクッキー 味噌・ごま入り」を焼いてきた・・・何じゃこれは!!
ふくほの香で、乳も卵も使わないものだから、生地がまとまらん、まとまらん。
えい、握ったまま焼いてしまえ!!と、言ったかどうだか知らないが、これがまたうまいうまい。
なおちゃんの不思議なクッキー・・・と、しばらく呼んでいたがこれも色々進化してきた。

ちづちゃんが豆乳アイスを持ってきた。
豆乳、豆腐、豆乳ホイップとか使って、おいしいアイスを作る。
コーヒーゼリーとかも作る。

ひぐちゃんが、冷やしぜんざい、氷ぜんざいを作った勢いで、
あんこも自分で作って豆乳を使った白玉でぜんざいを作る。

もくちゃんが、差し入れにパイナップルケーキ(豆乳の)を焼いて持ってきてくれる。

ひぐちゃんの栗きんとん、あやちゃんの芋ようかんと昆布入り(?)栗ようかん・・・

すがちゃんが東京の国立まで行って「なかしましほ」さんの「フードムード」で
予約でしか買えないクッキーの詰め合わせを買ってくる。
みんなでちびちび分け合ってはため息をつく、
乳、卵を使ってないこのクッキー・・・なんちゅうおいしいんやっ!!

そんなしてみんなが作ってきたお菓子、
せっかくやからお客さんみんなにも食べて貰おう!!

まだまだ未熟なラインアップですが、
なかなか珍しいお菓子が食べられると思います。

スタッフがそれぞれ知恵を絞って、絹う研の厨房に集結。
オーブンやら冷蔵庫やら使って色々作ります。



おやつまつりは、ドリンク付き1000円で、ワンプレート。
絹う研スタッフが工夫を凝らしたおやつが色々食べられます。




うどん屋の2階で、
昼の部は13時〜
夜の部は18時〜
2階のカフェはいつもどおりご利用になれますが、
スイーツはこのプレートのみになりますのでよろしく。

この日1日で、限定30セット。
無くなり次第終了となりますので、食べ逃したくない方はご予約をお願いします。

予約先は 絹う研店頭または、電話072-767-7639 メイル kinuuken@nguzu.net

おやつまつり最新情報はこちら→おやつまつり



 

at 23:15, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

ARC(アーサーランサムクラブ)関西お茶会4/6(日)

ARCと言えばアーサー・ランサム・クラブ
何それ、だろうけど、そのホームベジには、
 

アーサー・ランサム・クラブ(ARC)は、

岩波書店から刊行されている

「ツバメ号とアマゾン号」シリーズの作者、

アーサー・ランサムに関する

世界初のファンの集まりです。



と、端的に書かれている。

イギリス児童文学で、岩波書店から全12巻の全集が出ている。
ドリトル先生とか、ナルニア国物語とかそんな名作児童文学のひとつ。
うどん屋の2階には、密かに(それほど密かでもない)アーサーランサムコーナーが設けられている・・・


現在全集は品切れ中だけど、
この度、少年少女文庫のシリーズで、
神宮輝男さん自ら新訳で刊行中。

私は小学四年生、東京在住の折、
まだ武蔵野の森が残る井の頭公園の横の学校でこのシリーズに出会い、
なじめなかった新しい暮らしから避難する場所を得た。

休暇中のこども達が、湖で帆走したりキャンプしたり、
山登りや金鉱探し、真冬の湖をそりで疾走したり、
北極探検、夜間航海、ドーバー海峡横断、

別に避難所にしなくてもいいんだけど、
舞台の湖が見たくて、人をついついイギリスまで行かせてしまう、
そんな魅力を持った懐の深いこの物語の世界は、
もうひとつの人生の中で豊かに自由に生きてゆける時間をくれる。

それぞれがそれぞれの形でこの物語に出会って、
心の深いところに根を下ろして生きてきた人たちが知り合って、
物語の舞台となった湖へ出掛けていったことや、
共有したかった思いを打ち明けたり
ただただ、この物語が好きだという気持ちを通わす。

ARC(アーサーランサムクラブ)は、
この物語の好きな人たちの集まりです。
東京では毎月のように集まっては
その時々の話題で盛り上がっているようですが、
この頃は関西でも年に2〜3回集まっては、
物語にゆかりの食べ物を食べたり、

ジンジャービアを飲んだり、
現地へ行ってきた人の土産話を聞いたり。
ヤマネコ島の写真を見たり・・・

そんなにオタクみたいにはまっていなくても、
アーサーランサムの世界に、
少しでも身を置いた事のある人で、
ちょっと写真でも見てみたいなという人大歓迎。
もしや、行ってきたのよ〜と言う人は土産話を聞かせて欲しいな。
長年疑問に思っていたあのページの挿絵のこととか、
色々なんでもお気軽に、ちょこっと様子を見に来るだけでもどうぞ。

今度の日曜、うどん屋の2階で、
花見も兼ねて14時頃から夜までやってます。
続きを読む >>

at 02:44, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

31日(金)うどん屋の2階で、読み聞かせナイト19時から

IMG_2053.jpg
うちの子どもがお世話になって、
理事になったりして運営にも関わって、
保育所の3階ライブを始めることになったり、
こども達にうどんづくりを教えたり、
とにかくずっとお付き合いのある
川西共同保育園。

その保育園の企画で、
昨年もやった絵本の読み聞かせ会。
保育園のこども達だけでなく、
近所のご家族にも参加して貰って、

夜ご飯をおいしく食べた後、
お休みまでの時間
暖かい床暖房の2階で
のんびり絵本の会。

ちっちゃい子には、
ちょっとわくわく、ドキドキの
夜の催し。

遊びにおいで。

お問い合わせは
川西共同保育園
072-757-9525
 
続きを読む >>

at 22:18, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

11/3(日)高居久美子ボサノバライブ「Kuming Udon Ken」18時〜

大阪・京都を拠点に、ボサノバのギターの弾き語りで活動する
クーミンこと高居久美子さんと、
サックスの竹之内健さん、
ベースの近藤哲生さんのトリオが

うどん屋の2階でボサノバライブ !!

サックスの竹之内健さんが、
絹う研とうどん屋の2階を気に入って
この企画を持ち込んで下さいました。
すっかり涼しくなった秋の宵、
うどん屋の2階でボサノバでゆっくりゆったりおいしく過ごすのもいいかも。
お申し込みは kumingtmcm@yahoo.co.jp まで 
       件名「11/3ライブ申し込み」として
       メイル困難な場合は「絹う研」072-767-7639へお問い合わせ下さい

at 02:05, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

10/27(日)クラフトビアライブ@うどん屋の2階

 

絹う研のイベントお知らせ その2

うどん屋なのにイギリスのビール
バス・ペールエールの生樽が飲める絹う研。

ちとお高いこのビールしか置かず、
木曜から日曜の四日間で飲みきれなければ
スタッフで飲んでしまうと言う、
うどん屋にあるまじきビールの品揃え。

うどんに一番合う、うまいビールがこれだったので、
本当に飲みたい人だけ飲んでくれればいいので、
ちとお高いけれど、このビールを絹う研では出しています(水曜は瓶)。

所長は下戸ですが・・・うまいもん作ったり飲ませたりするのが大好き。
そして・・・妙にビールにこだわりのある副所長とスタッフ、
もちろんバスはおいしいけれど、
ビール大好きのスタッフホイホイが、某クラフトビールまつりで出会った
丹波篠山の「ジグザグブルワリー」の生ビール
手作り無濾過のこの希少なビールをたくさんの人に味わって貰おうと、
10/27(日)クラフトビアライブ@うどん屋の2階
を企画しました。

第1回ですので、今回は一社だけですが、
ジグザグブルワリーのビール4種類の生樽を買い取って、
ビール好きのあなたに飲んで頂きます。
肉気のない絹う研も、当日は石橋のカレー屋
「インド料理カフェ・レストラン「MORE(モア)」」の
サモサ、チリチキンなども販売する予定。

もちろん当日、一階のうどん屋営業は11時半〜14時。
早めに来ればうどんで腹ごしらえした後、
おかずをアテに二階へという手もあり。
楽しい日曜日になるはずっ。

カフェ営業もやってますので、飲めない方も遊びに来てね。


第1回クラフトビアライブ@うどん屋の2階
10月27日(日)13時〜16時半
川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所 2階

そこらではなかなか飲めない手作り無濾過の希少な地ビール、
丹波篠山の「ジグザグブルワリー」
のビール4種類をご用意

一杯600円ですが、お得な4杯2000円のチケットを販売します。
チケットは当日でも購入できますが、
ビール買い取りの量を決める都合で、
なるたけチケットのご予約をお願い致します。

ご予約 店頭、電話072-767-7639、
    メイルkinuuken@nguzu.net で
    お名前、お電話、枚数をお知らせ下さい

※もちろん飲酒運転は厳禁!電車かバスなどででお越し下さい。

at 13:39, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

10/20はじめてさんのカメラ教室@うどん屋の2階

 

カメラ教室@うどん屋さん
うちのお店が気に入ってくれた
カメラマンの松村シナさん。
この度うどん屋の2階でカメラ教室をしてくれることになった。

仲間と京都で写真教室をしておられ、
能勢の原っぱマーケットで「いっぴん舎」
というグルーブで出店をされていたとき、
うちのスタッフのもくちゃんと知り合って、
この話が進みました。

わかる人にはわかるけど、
わかんない人にはよくわからないかも知れませんが、
まぁ、素敵な写真を撮られる松村さん、

確か以前、ブログでうちのうどんの写真とかを
素敵に撮ってくれた記憶があります。

そんな(どんな?)素敵な松村さん
無料(!)で、のんびのりゆったり、
はじめてさんのカメラ教室@うどん屋の2階

ありがとう、楽しそう、
何よりも私が参加したいですが、
ちょっと無理かな。

2階のカフェの片隅で、
5人限定だそうです。
デジカメ、携帯でもいいそうです。
ブログの写真とか、ちょっといい写真を撮ってみたいとか、
カメラとか写真の話しを聞きたいなとか、
お気軽にどうぞ。
(カフェのワンオーダーをお願いいたします)

はじめてさんのカメラ教室
10/20(日)15時〜17時
会場 絹延橋うどん研究所 うどん屋の2階
持ち物 お持ちのデジタルカメラ
費用 無料 (カフェのワンオーダーをお願いいたします)
定員5名程度
お申し込み torico4747@gmail.com

at 02:00, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -

小麦収穫見学6/10、梅干しづくり6/25

小麦収穫の見学
やっぱり6/10(月)に。


天気が良くて気温も高いので、
小麦の収穫はやはり8日から始めると、
小野の「太閤の渡し」小林さんから連絡。
ということは10日(月)、小野へ行くことにします。
9時、絹う研出発。麦秋の小野で小麦の収穫を見学し、
「太閤の渡し」でうどんの昼食。
所長は車で行きますので、一緒に行きたい人はどうぞ。


完熟梅で梅干しづくり。6/25(火)14時〜
梅の注文は6/10までに絹う研へ
kinuuken@nguzu.net
072-767-7639

川西の青梅は、6/8
に分けてもらって、
8日の土曜日、15時半くらいから
フリマを横目で見ながら
梅シロップ・砂糖煮を作ります。

梅干しの完熟梅は、
いつもレモンを仕入れている
観音山フルーツガーデンから、
提携農家の熟した梅を取り寄せます。
梅の値段はキロ800円〜2000円とピンキリ。
川西の知り合いの完熟梅を探したいところですが、
今年は、低農薬で丁寧に作っているここの梅を取り寄せます。
1キロ1400円程と、少々高めですが、
素敵な梅が届くはずです。

紀ノ川梅(完熟オレンジ梅:梅干・梅酒用)


ume22.jpg

一緒に完熟梅で梅干しや梅ジュースの作りたい人は、
6月10日(日)午後、
梅の注文をしますのでそれまでにご連絡下さい。
kinuuken@nguzu.net
072-767-7639

at 00:23, ぐずら, イベント

comments(0), trackbacks(0), - -