2017年1/21(土)矢野絢子@うどん屋の2階ライブ〜歌小屋通いの頃から

   来年1/21(土)

矢野絢子@うどん屋の2階ライブ

 〜歌小屋通いの頃から

 矢野絢子と出会って12年

 保育所の3階ライブを始めて13年

 うどん屋もうどん屋の2階も3月で6年

 そして、1月20日で59才になる。

 いよいよオレの人生も後11年か。

 結構ハイスピードで動いてきた12年の

 最初の7年を矢野絢子と共に振り返る。

 ちょうど矢野さんもこの頃から大きく

 激しく生きてきた12年のように思って、

 当時の写真を引っ張り出してきたら、

 それをテーマにライブがやれるということ。

 そら嬉しい。

 みなさんも思い当たることがあるだろう。

 そんなこと色々考えながら、

 次のステップに踏み出せれば、

 疲れてきた足腰も結構リフレッシュされるんじゃないか。

 所長の7年〜12年には関心がなくても、矢野絢子の7年〜12年は面白そうだぞ。

 

ライブ告知〜ご予約ははこちら→

http://kinublog.jugem.jp/?eid=81

at 03:14, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

2015年10/11(日)森ゆに3rd album「祝いのうた」リリースツアー@うどん屋の2階ライブ〜 「もりのうたをききたいな」


10月11日・今度の日曜、「森ゆに」さんがうどん屋の2階へやってくる。
「森ゆに」さんをうどん屋の2階に呼ぶことになったいきさつは、
ここに詳しく書いたが、前日の10日(土)徳島の「14g」でもライブをすることになっている。
最近…というか前からだけど、絹う研〜うどん屋の2階のスタッフは結構コーヒー好きで、
当然「14g」… 徳島のアアルトコーヒーのことは気になっていた。
もちろんコーヒーもだし、「14g」の素敵な空間といろいろ。
ゆにさんが、前日徳島でライブ…と言ってたのはその14gだった。

そこには30年前に作られたヤマハのピアノがあって、この日のために調律もし、
この日のためにそのピアノはそこに来たのだという。

ああ、ピアノってそうなんやなぁ。
「その人に弾いて貰うためにそこにこのギターはあった……」ってあまり聞かないけど、
ピアノは、自由に動けないから、動く時はいろいろ背負って動くから、
うちのエテルナピアノにもそんな思いが込められているのだと、改めて思ってた。


スタインウエイとかベーゼンドルファーだとかそんなたいそうなピアノではないけど、
日本のピアノが大量生産の時代を迎えた直後、いいところをたくさん引き継いで大切に作られて、
普通の親が我が子のために頑張って購入したピアノ。
そんな当たり前の暮らしの中での思いが込められたピアノ。
40年の時を経て、明るいうどん屋の2階に連れてこられて、
この4年半、たくさんの人に見られて弾かれて、
ちょっとびっくりしているかもしれない。

もりのうたをききたいな

ライブのサブタイトルは、森ゆにさんの名前にかけたのではなく、
うどん屋の2階から見える五月山の木々のざわめき、
吹き過ぎる風、西日のあたる森。

星のうたも、夏は来るも、シューベルトもききたいけど、
バラの咲く庭でも、雪が降るも、ききたいけれど、
五月山から聞こえてきそうな森のうたが聴けたらいいな、
エテルナピアノのエテちゃんが、いつも聴いているうたが、
ゆにさんのうたに溶け合って聞こえてくるといいな。

あ、もちろん手前味噌のうた発酵のうたもききたい

3rd album「祝いのうた」もまた、本当に素敵なアルバムで
いま、絹う研では毎日流れています。

ゆにさんのうた知ってる人も知らない人も、
きっと大切なものを胸に抱いて帰ることのできる、
いいライブになると思います。


終わってからのみんなで食べる桶うどんも、
きっと美味しいと思うよ。



イソゲ!!ご予約⇩

森ゆに@うどん屋の2階ライブ
3rd album「祝いのうた」リリースツアー
「もりのうたをききたいな」

2015年10月11日(日)
15時半開場・16時開演

・終演後お客さん・出演者みんなでうどんタイム
・終了予定は19時頃

予約料金(当日は500円UP)
大人3000円(中高生1500円、小学生1000円)
+ワンうどん540円

【会場】
絹延橋うどん研究所 2階
「カフェライブハウスうどん屋の2階」
兵庫県川西市小戸3-23-6
阪急宝塚線「川西能勢口」乗り換え、
能勢電鉄ひと駅「絹延橋」下車1分30秒
※大阪梅田より約40分

【ご予約】
予約専用アドレス 3gai★nguzu.net → ★を@に変えて送信
件名を「森ゆに五月山」とし、
氏名、住所、枚数、種別、電話をお知らせ下さい。
折り返しの受付メイルの後の予約可否のメイルで受付完了となります。
メイルが困難な方は
・電話 絹う研072-767-7639  所長携帯090-4291-0122
               ・または店頭でスタッフに直接

【お問い合わせ】カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」(絹う研2階)
メイル kinuuken@nguzu.net
電話 絹う研072-767-7639





    

at 03:42, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

3/28(土)浜田真理子入門2「真理子の部屋〜初級編」

浜田真理子うどん屋の2階ライブ
浜田真理子入門2
「真理子の部屋〜初級編」


あれは忘れもしない一年前、
愛しの真理子さんがうどん屋にやってきた。
歓迎のあまり、どれだけうどんを食べさせたことか・・・
大好きだけど、まだまだ真理子初心者な私、
「浜田真理子入門」でうどん屋の2階初めてのライブ。
無事に入門を果たした我々は、今年は初級編に挑戦。
装いも新たにタイトルは「真理子の部屋」
上級者も初級者も奮ってご参加を。
五月山の春はもうすぐ。

2015年3月28日(土)
受付開始16時半
開場17時・開演18時

※うどんは前うどん

【会場】
カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」

〒666−0014
兵庫県川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
阪急宝塚線「川西能勢口」
能勢電鉄乗り換えでひと駅「絹延橋」より1分30秒。
大阪梅田より所要時間およそ30分
※駐車場少ないので、できるだけ電車でお越し下さい。

【料金】できるだけ予約を・・・定員に達し次第終了
大   人3500円/当日4000円(+540円のワンうどん)
中高生2500円/当日3000円(+540円のワンうどん)
小学生2000円/当日2500円(+540円のワンうどん)

【予約】
予約専用アドレス
3gai⚫︎nguzu.net
(⚫︎を@に変えて送信)
件名を「真理子初級うどん」とし、
氏名、住所、枚数、種別、電話をお知らせ下さい。
折り返しの受付メイルの後の
予約可否のメイルで受付完了となります。

  メイルが困難な方は
・電話 絹う研072-767-7639 
         所長携帯090-4291-0122
 ・または店頭でスタッフに直接

【お問い合わせ】
カフェ•ライブハウス「うどん屋の2階」
上記の電話か こちらのアドレスへ
kinuuken⚫︎nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)

2015年1月19日(月)予約受付開始

at 23:59, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

2/14(土)矢野絢子バレンタインライブ@うどん屋の2階 「おいで!愛の迷路へ。」

今年も矢野絢子がうどん屋の2階にやって来る。
それもバレンタインデイに !

矢野絢子のホームグランド、
高知の「歌小屋の2階」に触発され、
この川西に生まれた「うどん屋の2階」

因縁の矢野絢子を迎えるならスペシャル企画で!!!

矢野絢子、知ってる人はもちろん、
知らない人にも熱烈おすすめ。
胸に迫る唄とピアノ、うどん屋の2階で。

てろてろ

https://www.youtube.com/watch?v=Z3AcGnnHksA
愛の迷路

https://www.youtube.com/watch?v=tbzNg-WUstU

矢野絢子バレンタインライブ@うどん屋の2階
「おいで!愛の迷路へ。」

2015年2月14日(土)
受付開始16時半、開場17時、開演18時

※うどんは前うどん

会場  ライブハウスうどん屋の2階
兵庫県川西市小戸3丁目23-6 絹延橋うどん研究所2階
阪急宝塚線「川西能勢口」より能勢電鉄乗り換え一駅「絹延橋」下車すぐ。
大阪・梅田より30分ほど。

バレンタインディ・スペシャル企画

抽選で3名に矢野絢子セレクトのチョコレートと記念品

愛に外れた人にも参加賞(?)あり。


所長「頑張りますので、『おいで!愛の迷路へ。』的なライブを期待します。」
絢「バレンタインだもの、たっぷり愛の歌を歌う気満々です !」

さあ、聖なる夜に男も女も老若男女も、
矢野絢子と愛の迷路を彷徨おう・・・・?


予約料金(当日ブラス500円)
大人                        3000円(+ワンうどん540円)
中・高生                  1500円(+ワンうどん540円)
小・席の必要な幼児   1000円(+ワンうどん540円)
※幼児のうどんは自由、ドリンクに変更可

予約方法
・メイル 予約専用アドレス 3gai⚫︎nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信) へ
件名 「矢野迷路うどん」とし
お名前、電話、チケット種類、枚数 をお知らせください。
・電話 絹う研072-767-7639 永尾090-4291-0122
・お店で直接 絹う研・うどん屋の2階でスタッフに直接声をかけてください。

問い合わせ
上記の電話か
こちらのアドレスへ kinuuken⚫︎nguzu.net (⚫︎を@に変えて送信)

at 01:22, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

2015.1.11(日)告井延呂劼箸螢咫璽肇襯挫討語らズ講座@絹う研

去年の10月4日(金)
センチメンタル・シティ・ロマンスのギタリストとして30年活動してきた
告井延呂気鵑絹う研にやってきた。
将棋とうどんの好きな告井さん、
うどんを食べて、たっぷり将棋を指してから
絹う研でのライブが始まった。

ギター一本で再現されるビートルズの世界、
その後の11月、ポールも来日したけれど、
ゆっくり目前で繰り広げられるビートルズの世界は、
リクエストもありで、
告井ファン、ビートルズファンはもとより、
大人から小学生までも大満足のライブとなった。

2015年、新年早々のライブ、
ゆったりしみじみ、ビートルズの世界へ、
アコースティックギターの幸せな響きに
心も身体もゆだねて欲しい。

予約開始!!

Sgt.Tsugei's Only One Club Band!
告井 延隆/一人ビートルズ弾き語らず講座
2015年1月11日(日)  開場16時・開演17時
兵庫・川西 うどん屋の2階 川西市小戸3-23-6絹延橋うどん研究所2F
阪急宝塚線「川西能勢口」より 能勢電鉄乗り換え「絹延橋」下車1分30秒
※大阪・梅田より急行で所要時間30分程度
※駐車場少ないです、電車でお越し下さい。
●チケット・予約
予約3000円(中・高2000円小1000円)・当日+500円・別途ワンうどん(orドリンク)540円
〇今回は前うどん・・・ライブ前にうどんをお出しします
予約専用メイル 3gai@nguzu.net ※メイルが困難な方はお電話か店頭で直接
●問い合わせ  電話 072-767-7639絹延橋うどん研究所  090-4291-0122所長 永尾
                メイルkinuuken@nguzu.netへ
 参照   絹う研HP http://r.goope.jp/kinuuken      ブログhttp://udonyanonikai.jugem.jp/

告井さんとギターの周りでビートルズが歌っている ! by所長

初めて告井さんに来てもらう少し前の話ですが、
絹う研のスタッフひぐちゃんが、今日、イトイシゲサトのほぼ日刊何とかで、
一人ビートルズの中継があります」と、メイルをくれました。
「ひとりびぃとるず・・・何それ?」
ビートルズは好きだけど、一人で何するの?
ギターでやるなら、「ブラックバード」「ヒアカムザサン」
「インマイライフ」が即座に浮かんでくる。
そうそう、「ノルウェーの森」とかも。
まぁ、そんな感じやろ〜とりあえず聴いてみよか・・・。

YouTubeで始まったその中継、TVドラマ観ながら聴いてたんだけど
目も耳もたちまちそっちに釘付けに。ビートルズの演奏を、歌もコーラスも含め、
丸ごとギター一本で再現している???
何じゃこれ〜凄い凄い凄すぎる〜。そして、はじめはテクニックに驚いていたの
が、いつしかしみじみビートルズに浸っている私。

そうして告井さんがやって来たのは2013年10月4日。「弾き語らず講座」
というのに、1曲目にライブのテーマソングを歌ったかと思うと。後は淡々と
喋り、ビートルズナンバーが累々と流れ、おお、そう来たか、そんなん
アリなんか、何とそうなってるんか!! お客さんのリクエスト、ため息。

そして再演! 2015年の幕開けにふさわしい身体に染みこむギターの調べ、
ビートルズファンはもちろんアコギ好きにも大満足のライブ、新年早々実現だぁ。


Sgt.Tsugei's Only One Club Band とは
告井 延隆(つげい・のぶたか)による
アコギ1本でビートルズ・サウンドを再現する
ソロ・プロジェクトです


<プロフィール>
1950年12月19日生まれ。愛知県出身。
DEW,乱魔堂の強化メンバー等を経て
1973年結成のSentimental City Romanceに参加。
ギター,ペダルスチール,パーカッション,ピアノ等
あらゆる楽器をこなすマルチ・プレイヤーとして
他のミュージシャンの信頼も厚い。
ソロとして近年、ギター1本で
自身の音楽のルーツともいえるThe Beatlesの
完全コピーを目指して新境地を開拓。
多重録音をせず、あくまでギター1本で
如何にビートルズ・サウンドを再現できるかに
徹底的にこだわり貫いた姿勢は高く評価され、
巷では“究極のビートルズ職人”とも言われる。
2008年3月よりソロ活動を本格的に開始し、
3枚の自主制作盤を次々と発表。
2013年2月 それまでの活動を総括する形となるアルバム
『THE BEATLES 10』を(株)ピンポイント・レーベルより発売。
The Beatlesの「弾き語らず」スタイルを確立し、
年間100本のペースでLive活動を行い全国各地を飛び回っている。
Sgt.Tsugei's Only One Club Band(告井延隆)
ウェブ・サイト http://tsugei.web.fc2.com/




 

at 01:49, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

年末恒例☆12/28(日)かとうかなこ・アコーディオンライブ〜冬の夜空に唄う歌

お知らせ遅くなりました!!
今年も年の暮れに
かとうかなこのアコーディオンが
うどん屋の2階で聞けて嬉しいです。

今年は桶うどんをみんなで囲み、
身も心も嬉しいおいしいライブにしましょう。

うどん屋の2階で待ってるよっ!!


うどん屋の2階ライブ 
かとうかなこアコーディオンライブ
〜冬の夜空に唄う歌 2014
日時 2014年12月28日(日)    
受付開始16時  開場16時半 
開演17時
会場 ライブハウスうどん屋の2階
      川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
カフェ・ライブハウス うどん屋の2階
川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所 2階

阪急宝塚線「川西能勢口」より能勢電鉄ひと駅
「絹延橋」下車徒歩1分ちょい
※阪急・梅田より30分程          
店 http://r.goope.jp/kinuuken
ブログhttp://udonyanonikai.jugem.jp/

出演 かとうかなこ  (アコーディオン) 
   愛川 聡 (ギター)
   田島 隆(タンバリン)

チケット料金
大人            3000円+ ワンうどん540円
中学高校生  2000円+ ワンうどん540円
小学生        1000円+ ワンうどん540円
席の必要な幼児  1000円+   ワンうどん270円
席の不要な幼児は無料、但し、うどんを食べる場合は270円
 (うどんはドリンクにも変更できます)
※ただし、特に子ども向けのライブというわけではありませんのでご了承下さい。
(でも、子どももきっと楽しめると思います)

ワンうどん・・・
終演後19時頃より、出演者、お客さん、
スタッフ入り乱れて桶うどんでうどんタイム。

申し込み (必ずご予約をお願いします)
予約専用メール  3gai@nguzu.net
件名を「かとうかなこうどん屋ライブ」とし、
チケットの枚数・種類 ・氏名・住所・お電話をお知らせ下さい。
取り敢えず、自動返信メールが届いてから、
予約可否のメールが届きます。

お問い合わせ kinuuken@nguzu.net 
 メール予約が困難な場合はこちらへ
 絹延橋うどん研究所     072-767-7639
 うどん屋の2階ライブ 永尾 090-4291-0122

※定員に達し次第受け付け終了とします

at 23:11, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

絶対お勧め!!11/9(日)ふちがみとふなとと藤原と高田(ヴォセ2/3)@うどん屋の2階

いよいよ今度の日曜、うどん屋の2階で
「ふちがみとふなと」と「ヴォセ2/3」のライブ。

ふちふなファンヴォセファンはもちろん、
何も知らないうどんファン(?)や
ただの通りすがりのあなたにも
絶対お勧めのライブ。

絹う研やうどん屋の2階が好きなら、
きっと来てよかったと思うライブです。


船戸博史のベースにのせて、
絶妙なハスキーボイスで唄う渕上純子。
あるときはジャズ、あるときはフォーク、
あるときはシャンソン、
そしてあるときは夫婦漫才のように、
変化自在、ジャンル分け不能な
音楽・パフォーマンスが繰り出されるふちふなワールド。


方や、関西音楽界の重鎮、
カオリーニョ藤原の絶妙な
クラシック?ボサノバ?ジャズ?ギターの調べに
ぴったりと寄り添い、あるいは挑戦する、
高田靖子のドキドキのヴォーカル。
音楽のいいところ取りのヴォセワールド。
彼等のアルバム「宇宙の法則」は、
必聴の名盤である。


このふたつの深くて暖かくてワクワクする個性が、
うどん屋の2階でしっかりとリハの時間を確保して、
どんな舞台を作り出してくれるのか。
今回は、ふちふな・ヴォセそれぞれも充分に楽しめて、
両者の共演も楽しめるように、
三部構成でしっかりどっぷりのライブです。


いや、うどんも入れたら四部構成の充実のライブ!
この秋の必聴ライブ、どうかお見逃し無く。
イソゲ!ご予約絹う研!ライブ


予約
専用メイル 3gai@nguzu.net へ
件名を「ふちふな藤原高田ライブ」とし
お名前、枚数、種類、お電話、ご住所 を
送信して下さい。
受付メイルの後、予約可否のメイルが届きます。

もしくは、電話
072-767-7639絹う研
090-4291-0122永尾

あるいは、絹う研店頭で

ライブ予約します!と
スタッフにささやいて下さい 

11/9(日)ふちふな×ヴォセ2/3@うどん屋の2階ライブ
「ふちがみとふなとと藤原と高田とうどんと私」

ふちがみとふなとが今年も
うどん屋の2階にやって来る!!
おおっ凄い!
それも、藤原と高田も一緒やで!!
なにっ、
藤原と言えばあのカオリーニョ藤原、
高田と言えば高田渡か?
あほっ高田渡が来たらえらいことや、
あの高田靖子さんやんけ !
おおっ中島徹さんと3人でヴォセやってるあの2人かっ?
そうやっ、中島さん今回は来られへんけど、
4人で「みっちりじっくりどっぷり」やるらしいで。
しかし「ふちがみとふなとと藤原と高田」ちゅう事になると、
この4人どこへ行くかわからんやないか!!!
いや、うどん屋の2階や言うとるやろっ。
いやっ、そういう意味や無くて・・・
ほな、どうゆう意味やねん!!!
来たらわかるわい!!!!

2014年11月9日(日)
受付開始16時半・開場17時半・開演18時
※今回は開演前にうどんをお出しします。

会場
ライブハウスうどん屋の2階
川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
阪急宝塚線「川西能勢口」乗り換え、
能勢電鉄ひと駅「絹延橋」下車1分ちょい

チケット代(別にワンうどん540円)
大人3000円、中高生2000円、
小学生・席の必要な幼児1000円

予約
専用メイル 3gai@nguzu.net へ
件名を「ふちふな藤原高田ライブ」とし
お名前、枚数、種類、お電話、ご住所 を
送信して下さい。
受付メイルの後、予約可否のメイルが届きます。




電話 072-767-7639 絹う研
   090-4291-0122永尾
店頭 お店でスタッフに直接申し込みも可
 

at 04:49, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

ふちがみとふなと と 藤原と高田(ヴォセ2/3) と うどん と 私@うどん屋の2階11/9(日)

うどんやの2階ライブ。「ふちがみとふなと」には毎年来てもらっていたんだけど、
保育所の3階に来てもらっていた「VOCE(ヴォセ)」を呼ぶタイミングを逃していた。
今回、ヴォセの中島さんの都合が付かなかったのでVOCE(ヴォセ)2/3での出演。
中島さんのあのパフォーマンスを見れないのは残念だが、その代わりと言っては何だが
カオリーニョ藤原さんと高田靖子さんの2人とふちふなの絡みもまた、
どうなることやらの期待に充ち満ちている。

ヴォセのプロフィールは、(mixiのヴォセコミュニティ管理人栗猫亭さんによる)

1996年、ブラジルのサンバ、ボサノヴァ、などをきっかけに3人編成で活動をはじめる。
ボサノヴァをベースに、島唄、昭和歌謡、70年代テイストの楽曲など、日本語によるオリジナルのボサノヴァサウンドを聴かせるユニットとして活動を開始。
ボサノヴァと沖縄音楽・島うたのミクスチャースタイル ”ウチナーボサ”は、ヴォセの代名詞ともなっている。

高田 靖子  (ヴォーカル・三線)
関西を中心にJAZZ・BRAZIL系のユニットに多数参加。
1996年、カオリ−ニョ藤原、中島徹と共にヴォセ結成。

中島 徹  (ピアノ・トロンボーン)
大阪教育大学(特設音楽科)在学中よりプロとして、関西のライブシーン等で活動。 東原力哉(dr)、中路英明(tb)、高橋ゲタ夫(b)、宮本大路(sax)、前田優子(vo)、
多くのバンド、セッションに参加。 「C.U.G.ジャズオーケストラ」「北野タダオとアロージャズオーケストラ」のメンバーでもある。
WebSite  http://www.customnet.jp/n-toru/

カオリ−ニョ藤原  (ヴォーカル・ギター)
関西ライブシーンで、ブルース、ロック、ソウル、フォーク、ハワイアン、ブラジル等、ジャンルを越えた活動を行う。
WebSite  http://sunhall.com/bossa/


クラシックギターを縦横無尽に操り、ブルース・ジャズ・ボサノバから昭和歌謡まで
意外(失礼!)とオトコマエに歌うカオリーニョ藤原と、
ジャズの歌姫だけでなく、三線も操り島唄も歌う高田靖子のエレガントな唄、
そして、
ますますジャンルの区別の付かないふちがみとふなとの、
がはは・むふふ・じーんの音楽。

たっぷりリハの時間を取って、3時間にわたって繰り広げられる四人の共演(競演〜饗宴〜狂宴?)
懐の深いこの四人の舞台が、どこへどこまで広がり転がっていくか・・・わぁ〜楽しみです。

見逃すな!このライブ

11/9(日)ふちふな×ヴォセ2/3@うどん屋の2階ライブ
「ふちがみとふなとと藤原と高田とうどんと私」

ふちがみとふなとが今年も
うどん屋の2階にやって来る!!
おおっ凄い!
それも、藤原と高田も一緒やで!!
なにっ、
藤原と言えばあのカオリーニョ藤原、
高田と言えば高田渡か?
あほっ高田渡が来たらえらいことや、
あの高田靖子さんやんけ !
おおっ中島徹さんと3人でヴォセやってるあの2人かっ?
そうやっ、中島さん今回は来られへんけど、
4人で「みっちりじっくりどっぷり」やるらしいで。
しかし「ふちがみとふなとと藤原と高田」ちゅう事になると、
この4人どこへ行くかわからんやないか!!!
いや、うどん屋の2階や言うとるやろっ。
いやっ、そういう意味や無くて・・・
ほな、どうゆう意味やねん!!!
来たらわかるわい!!!!

2014年11月9日(日)
受付開始16時半・開場17時半・開演18時
※今回は開演前にうどんをお出しします。

会場
ライブハウスうどん屋の2階
川西市小戸3-23-6 絹延橋うどん研究所2階
阪急宝塚線「川西能勢口」乗り換え、
能勢電鉄ひと駅「絹延橋」下車1分ちょい

チケット代(別にワンうどん540円)
大人3000円、中高生2000円、
小学生・席の必要な幼児1000円

予約
専用メイル 3gai@nguzu.net へ
件名を「ふちふな藤原高田ライブ」とし
お名前、枚数、種類、お電話、ご住所 を
送信して下さい。
受付メイルの後、予約可否のメイルが届きます。



電話 072-767-7639 絹う研
   090-4291-0122永尾
店頭 お店でスタッフに直接申し込みも可
 

at 02:11, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

キンモクセイの香りとイノトモ〜10/25(土)イノトモライブ@うどん屋の2階

25日土曜日のイノトモライブ、
この秋、ぜひ皆さんにお勧めのライブです。
当日でもOKですが、
できるだけお早めにご予約下さい。


2011年10月30日
第5回うどん屋の2階ライブで、
夜明けのキンモクセイという無理矢理なタイトルで、
保育所の3階以来、初めてイノトモをうどん屋に呼んだ。

夏が終わり秋から冬に向かう季節、
キンモクセイの香りに気がつく頃、
私はどうしてもイノトモの唄が聞きたくなる。

そのライブの時に書いた文章をもっかい載せたい。


イノトモは、

「もののあはれ」をうたう。

  たくさんの出会い、過ぎてゆくもの、

 過ぎてゆく時間、美しいもの、今この時。

いとおしくて輝いているけど、いつか記憶が薄れ、
憶えている人も居なくなってしまえば何もかも消えてしまう。
人は記憶を永遠のものにしようと、何とかして記 憶を記録しようとするけど、
記録は記憶ではないから、残ったものは別のもの。
だから人も出会いも時間も悲しいけど切なく美しい。
だからこそ、かけがえのな いそのひとときひとときの美しさを感じ取れる心でいたい。
その情景や時間を大切にしたい。人との出会い、人との記憶をいとおしみたい。

 イノトモの唄からはそんな気持ちが伝わってくる。

 第2回保育所の3階ライブに来てくれた
 ハンバート ハンバートのホームページのリンクで見つけたイノトモ。 

その日記を見ていると、特に家族の記録に心打たれる。
何気ない日常の中、息子さんの「奎
(けい)」くんとの
何でもないやりとりの中から輝くような時間を拾い上げている。

・・・・・・・・・・・

2006年7月24日、仕事の関係で横浜に出張があった。
偶然その夜に、所属のレーベルを主催している

バンバンバサールのライブにイノトモがゲストで出る事がわかった。
「おぉ
…神の思し召しだ!」

 でかいヤマハのギターをがしゃがしゃと弾くイノトモはかっこいい。
ギタレレを抱えてつぶやくように歌うイノトモも素敵。
聞きたい聞きたいと思っていた声、前から
2番目の席でドキドキしながら聞いた。

 翌日、帰りの新幹線でアルバムを聴いてたら、
アルバム「夢」の最後の曲
「キンモクセイ」、何度も何度も聞いてたら涙が止まらなくなって困った。
この気持ちを誰かに伝えたくて娘に「イノトモに会ってきたよ」とメールを送った。
「入道雲がいわし雲に どこまで高い秋の空
…」フルコーラスを送ってくる父親に、娘は
「おっさんどないしたんや」と思ったに違いない


 
その後、ベストアルバム「真昼の月」と「夜明けの星」というアルバムが出た。
 保育所の3階ライブは、このリリースのすぐあとのライブとなった。

 前に書いたと思うけど、私は小学校を6回、中学校を1回変わっている。
 転校・転居が多いと、友達が各地にいる・・・のではなく、
 みんなに忘れ去られてしまうし忘れてしまう。

 就職してすぐの頃、山の遭難で亡くなった兄が
 元気に帰ってくる夢を今でも見る。

 戦争や、災害で愛する者を失ったり別れたりしたときの人の心の傷は、一生癒えない。
 その別れが理不尽であればあるほどその傷は深いし、
 人はその傷と一生折り合いをつけて生きていくのだと思う。

 今年はそんな意味で、ほんとうにしんどい年だ。
 しんどい人たちが日本にもこんなに居るのに、
 この国の政治や経済は、ほんとうに傷ついた人たちを助けようとしているのか、
 足を引っ張ったり、利用したり、邪魔にしたりばかりしている。
 
 あぁ、

 そんな中で私たちは、自分の手の届くところでも、
 できるだけのことをしていこう。

 そうだ、
 アルバム「夜明けの星」
 一曲目
「遠くまで」でのっけからやられてしまう。
 そして、タイトル曲「夜明けの星」
 この歌を何度も聴いて、あぁ、しみるなぁ。
 と、いつも思っていたけど、
 今回、イノトモに来てもらうことになって、
 改めて聴き直していたら、

 「夜明けのキンモクセイ」という、ライブタイトルになった。

 「キンモクセイ」のアンサーソング
 ・・・と私は勝手に思っている「夜明けの星」

 冬の予感のする凛とした秋の夜明けに光る星、
 ふっと漂うキンモクセイの香り。
 
 にんげんの、出会いも命も儚いものだけど、
 その時間は確かにあったものだし、
 そこに生まれた時間やはぐくまれた愛は、
 形を変えるかも知れないけど確かに残ってゆく。

 今度のライブはそんなことをじっくりゆっくり考えながら、
 その後のイノトモが重ねた時間も聴いてみたい。

 ライブまであと二週間、楽しみだなぁ。


そんな思いで毎年東京からイノトモに来て貰っている。
今年はどんなライブになるかな、

まず、15時からは・・・
絵本の読み聞かせとイノトモの唄、
ちっちゃな子どもとお母さん
(いや、お父さんでも、
おじいちゃんおばあちゃんお兄ちゃんお姉ちゃんその他、でもいいけど)
ゆったり聴けるミニライブ、
そう、赤ちゃんから楽しめるライブをどうぞ。

そして、18時半からは、
オトナむけ、
じんわりしみいるイノトモワールドに浸って、
夏の忘れ物をみんなで探しに行こう・・・ってなライブ。

ゆったりたっぷり土曜の夜をお楽しみ下さい。



2014年10月25日(土)
1.イノトモ〜うたとおはなしミニライブ@うどん屋の2階
15時から16時
歌と絵本の読み聞かせ。
ちっちゃい子どもと一緒に来るオトナのためのライブ。
ひと家族1000円+ワンオーダー
2. イノトモ〜夏の忘れ物@うどん屋の2階
17時半受付開始18時開場18時半開演
料金
◎ワンうどん540円(ドリンクに変更可幼児は自由)
大人2700円、中高生1500円、小学生・席の必要な幼児1000円
席の不要な幼児は無料
※ただし、楽しめるお子さんは楽しめると思いますが、
特に子ども向けのライブというわけではありませんのでご了承ください。

会場
カフェ・ライブハウスうどん屋の2階
川西市小戸3-23-6
絹延橋うどん研究所2階
072-767-7639

阪急宝塚線川西能勢口乗換、能勢電鉄一駅「絹延橋」下車1分ちょい。(大阪・梅田から30分ちょい)

申し込み
予約専用アドレス 3gai@nguzu.net へ、
10/25(土)イノトモどちらのライブか明記のうえ、
1.うたとおはなしミニライブは、
お名前、大人子どもの人数・年齢、お電話、ご住所
2.夏の忘れ物は、
お名前、枚数、種類、お電話、ご住所
をお知らせください。

電話予約は、
072-767-7639絹う研
090-4291-0122永尾へ

絹う研店頭でも受付ます

at 21:24, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -

10/25(土)イノトモライブ@うどん屋の2階

キンモクセイの花が咲き始めています。
今年も東京から大好きなイノトモがやってきます。
ふわっと香るキンモクセイの香り、
あわく消えてゆくかと思えば実はしっかり胸に染みこみ、
記憶にさえも根付くような、
そんなイノトモの唄。
深まる秋にうどん屋の2階でじっくり聴きたいな。
そして、なんと今年は二本立て!!!

まず、15時からは・・・
絵本の読み聞かせとイノトモの唄、
ちっちゃな子どもとお母さん
(いや、お父さんでも、おじいちゃんおばあちゃんお兄ちゃんお姉ちゃんその他、でもいいけど)
ゆったり聴けるミニライブ、
そう、赤ちゃんから楽しめるライブをどうぞ。

そして、18時半からは、
オトナむけ、
じんわりしみいるイノトモワールドに浸って、
夏の忘れ物をみんなで探しに行こう・・・ってなライブ。

ゆったりたっぷり土曜の夜をお楽しみ下さい。



2014年10月25日(土)
1.イノトモ〜うたとおはなしミニライブ@うどん屋の2階
15時から16時
歌と絵本の読み聞かせ。
ちっちゃい子どもと一緒に来るオトナのためのライブ。
ひと家族1000円+ワンオーダー
2. イノトモ〜夏の忘れ物@うどん屋の2階
17時半受付開始18時開場18時半開演
料金
◎ワンうどん540円(ドリンクに変更可幼児は自由)
大人2700円、中高生1500円、小学生・席の必要な幼児1000円
席の不要な幼児は無料
※ただし、楽しめるお子さんは楽しめると思いますが、
特に子ども向けのライブというわけではありませんのでご了承ください。

会場
カフェ・ライブハウスうどん屋の2階
川西市小戸3-23-6
絹延橋うどん研究所2階
072-767-7639

阪急宝塚線川西能勢口乗換、能勢電鉄一駅「絹延橋」下車1分ちょい。(大阪・梅田から30分ちょい)

申し込み
予約専用アドレス 3gai@nguzu.net へ、
10/25(土)イノトモどちらのライブか明記のうえ、
1.うたとおはなしミニライブは、
お名前、大人子どもの人数・年齢、お電話、ご住所
2.夏の忘れ物は、
お名前、枚数、種類、お電話、ご住所
をお知らせください。

電話予約は、
072-767-7639絹う研
090-4291-0122永尾へ

絹う研店頭でも受付ます。

 

at 23:28, ぐずら, うどん屋の2階ライブ

comments(0), trackbacks(0), - -